ウォーターサーバーの予算は自由自在

ウォーターサーバーは、コーヒーや紅茶などに最適な温度の80から90℃のお湯が準備され、お出かけなどで長時間お湯を使わない場合にも、自動や手動でエコモードに切り替えることができるようになっています。エコモードに切り替えることができて、電気代をお得に節約することができる機能が備わり、お部屋のインテリアと調和するようにおしゃれなデザインのサーバーで色も選択肢から選ぶことができるといった点もウォーターサーバーの魅力です。

また、ウォーターサーバーは、お水の消費量によって最適な料金プランから選べるようにもなっており、予算などを決めて選ぶことができます。しかし、光熱費がもったいないといって、ウォーターサーバーを使わない時間帯などに電源をオフにすることはおすすめできません。

ウォーターサーバーの中は冷水や温水を一定の温度に保つことで雑菌の繁殖を防ぐという仕組みになっており、電源を切ってしまうと、温水の温度が下がり、冷水の温度が上がってしまいます。一般に、雑菌の繁殖率が最も高いのは30~40度と言われており、電源を切ることで水の衛生状態が悪くなってしまいます。そのため、出かける場合などで長時間お湯を使わない場合は、自動や手動でエコモードに切り替えておくようにしましょう。