ウォーターサーバーはどれくらいの温度で使えるか

ウォーターサーバーの温水というのは大体80℃程度で保持されています。これは、カップ麺を作ったり、コーヒーや日本茶などを淹れるのに最適な温度だと言われています。また、冷水は一番飲みやすい温度だとされている6℃から10℃で維持されています。その際、気になるのが1ヵ月のウォーターサーバーの電気代です。一般的なボトルタイプなどでは約600円くらいだと言われています。

しかし、省エネモードを搭載しているウォーターサーバーになると、エコモードを使用するため、月にかかる電気代が最大で約50パーセントカットされるというウォーターサーバーもあります。また、ウォーターサーバーを利用することで、電気ポットでお湯を沸かした場合や、冷蔵庫を開け閉めした時にかかる電気代や、湯沸しのためのガス代などの節減効果も期待されます。

例えば、消費電力について、エコモードを使用したウォーターサーバーでは冷却時に大体75-80W、お湯を沸かした時には350W前後の消費電力が発生すると言われています。そのため、ウォーターサーバーの導入を考える時は総合的に考えながら、利便性を検討していくことがおすすめです。このように、エコモード搭載のウォーターサーバーは電気代がお得になるというメリットがあります。